Workshop: Text and experience: Exploring the realm of esotericism (Nov. 19)

ワークショップ「文献と経験:秘教思想の領域を探る」

Text and experience: Exploring the realm of esotericism

(日本秘教研究ネットワーク第1回研究会タイムテーブル)

[event held in Japanese]

 

日時:2017年11月19日(日)10:00~17:00

場所:京都大学人文科学研究所セミナー室1 (Kyoto University)

<講演> ※発表50分、質疑応答10分

10:00-10:15 趣旨説明・講演者紹介  Introductory explanations

10:15-11:15 横山茂雄(奈良女子大学)

「顕現する異界―ジョン・ディーにいたる途―」

Shigeo YOKOYAMA (Nara Women’s University)

“The manifesting world of the spirits: John Dee and his precursors”

11:15-12:15 鶴岡賀雄(東京大学)

「ミスティシズムとエソテリシズム」

Yoshio TSURUOKA (University of Tokyo)

“Mysticism and Esotericism”

 12:30-13:30 昼休憩 (break)

 <パネル発表> ※一人30分×4+コメント15分

13:30-14:00 穂波慶一(龍谷大学)

「近代仏教と神秘主義―古河老川を手がかりに―」

Keichi HONAMI (Ryukoku University)

“Modern Buddhism and Occultism: the case of Furukawa Rosen”

14:00-14:30 堀雅彦(北海学園大学)

「「宗教経験」の純化と拡散―W. ジェイムズ受容の西東(にしひがし)―」

Masahiko HORI (Hokkai Gakuen University)

“The sublimation and proliferation of ‘religious experience’: William James’ work around the world”

14:30-15:00 奥村大介(東京大学)

「生体と遠隔作用―錯誤と疑惑の科学思想史素描―」

Daisuke OKAMURA (University of Tokyo)

“Remote actions on living bodies: A sketch of the history of scientific thought of errors and parapraxis”

 15:00-15:15  休憩 (break)

15:15-15:45 橋本順光(大阪大学)

「中国人アメリカ到達説とその環流―メキシコのブッダ論からインカ皇帝日本人論まで―」

Yorimitsu HASHIMOTO (Osaka University)

“The cycle of theories on the arrival of Chinese in the Americas: From the Mexican Buddha to the Japanese Emperor of the Incas”

15:45-16:00 堀江宗正(東京大学)             コメント

Comments by Norichika HORIE (University of Tokyo)

16:00-17:00 質疑応答&全体討論

Q&A and general discussion

司会:栗田英彦(日本学術振興会)

Chair: Hidehiko KURITA (Japan Society for the Promotion of Science)

*参加希望者は、事前に栗田(bodyandpolitics[at]gmail.com)までご連絡ください。If you wish to apply, please contact Dr. Kurita at the email address above.

主催:日本秘教研究ネットワーク Japanese Network for Academic Study of Esotericism

後援:科研「雑誌メディアによる戦後日本の秘教運動の宗教史的研究」(研究番号17K02244)/科研「実験と伝統―明治・大正期の宗教と心理体験―」(研究課題番号16k02181)/「仏教と近代」研究会/近代ピラミッド協会

Advertisements

Workshop: Asia, Buddhism, and Theosophy (Dec. 9~10, 2017)

Workshop: “Asia, Buddhism, and Theosophy”

ワークショップ「アジア・仏教・神智学」

Day 1  ( Language: Japanese )

Date: Dec. 9 (Sat), 2017

Time : 10:00 am – 5:30 pm

Venue: Main Meeting Room, Seiko (West Hall) 2F, Ryukoku University (Omiya Campus), Kyoto

初日 (使用言語:日本語)

2017年12月9日(土)

午前10時〜午後5時30分

龍谷大学大宮学舎西黌2階大会議室

 

[10:00 am – 12:30 pm]

はじめに Openning Remarks

安藤礼二(多摩美大)ANDO, Reiji (Tama Art University)

セッション1「禅のグローバル化と、その文脈」

Session 1 “Globalization of Zen and its Contexts”

10:10 am日沖直子(南山宗教文化研究所) 「雑誌『イースタン・ブディスト』と神智学」

HIOKI, Naoko (Nanzan Institute for Religion and Culture ) “The journal The Eastern Buddhist and Theosophy”

10:40 am 荘千慧(大阪大学)「上海神智学支部と初代会長H·Pシャストリー」

CHUANG, Chienhui (Osaka University) “Shanghai’s Theosophical Branch and its first President, H.P.Shastri”

11:10 am 末村正代(関西大学)「北米における禅布教 : 千崎如幻の場合」

SUEMURA, Masayo (Kansai University) “Zen Propagation in North America: The Case of Senzaki Nyogen”

11:40 am コメント、討議, Discussion, Q&A

コメント 守屋友江(阪南大)

Discussant : MORIYA, Tomoe (Hannan University)

司会 岩田真美(龍大)

Chair: IWATA, Mami (Ryukoku University)

 

 

[1:30 om – 3:50pm]

セッション2「神智学の遺産」

Session 2 “Theosophical Legacy in Japan”

1:30 pm 橋本順光(大阪大学) 「在日インド人をめぐる諜報活動と神智学 アタル・シャストリ・サバルワル」

HASHIMOTO, Yorimitsu (Osaka University) “Political informer or Theosophical informant? : Atal, Shastri and Sabharwal in the context of the Indian Expatriate Network across Japan”

2:00 pm 栗田英彦(学術振興会特別研究員)「キリスト教・社会主義・オカルト――関口野薔薇の「神道神学」の背景」

KURITA, Hidehiko (Research Fellow of the Japan Society for the Promotion of Science ), “Christianity, socialism, and the Occult: Backgrounds of Sekiguchi Nobara’s Shintō Theology”

2:30 pm 岡本佳子(国際基督教大学)「明治日本の欧米人仏教徒と神智学」

OKAMOTO, Yoshiko ( I.C.U. ) “Western Buddhists in Meiji Japan and Theosophy”

3:00 pm – 3:20 pm tea break

3:20 pm – 3:50pm コメント・討論, Discussion, Q&A

コメント 杉本良男(国立民族学博物館)

Discussant: SUGIMOTO, Yoshio ( National Museum of Ethnology )

 

司会 堀まどか(大阪市大)

Chair : HORI, Madoka (Osaka City University )

[4:00 pm – 5:30 pm]

セッション3「鈴木大拙と南方熊楠―シカゴ万博・神智学・大乗仏教」

Session 3 “Suzuki Daisetsu and Minakata Kumagusu: World’s Columbian Expo, Theosophy and Mahayana Buddhism”

対論:安藤礼二(多摩美大)+稲賀繁美(日文研)

Debate: ANDO, Reiji (Tama Art University) and INAGA, Shigemi (International Research Center for Japanese Studies)

 

Day 2  ( Language : English )

Date: Dec. 10 (Sun), 2017

Time: 11:00 am – 5:00 pm

Venue: First Seminar Room, Jinbunken (Institute for Research in Humanities), Kyoto University, Kyoto

2日目 (使用言語:英語、通訳はつきません

2017年12月10日(日) 11時〜5時

京都大学 人文研 第1セミナー室

 

Session 4 “Theosophy and Japan, Past and Present”

11:00 am Helena Capkova (Waseda University), “History of the Theosophical Society in Interwar Japan – Reading the documents from the Adyar HQ”

ヘレナ・チャプコヴァー(早稲田大学)「大戦間日本における神智学協会の歴史:アディヤール本部資料解読」

11:30 am Ioannis Gaitanidis (Chiba University), “Western Esotericism in Contemporary Japan: The Case of a Greek Theosophical Study Group”

ヤニス・ガイタニデス(千葉大学)「現代日本における西洋エソテリシズム―ギリシャの神智学勉強会の事例」

[12:00 am – 1:00 pm lunch]

1:00 pm Comments and discussion

Discussant: Justin B. Stein (Bukkyo University)

コメント:ジャスティン・B・スタイン(佛教大学)

Chair: AKAI, Toshio (Kobe Gakuin University)

司会:赤井敏夫(神戸学院大学)

 

2:00 pm – 3:00 pm

John Patrick Deveney, “The Twilight Mages and the Open Secret of Sex”

ジョン・パトリック・デヴニー「黎明の魔術師たちと性の公然の秘密」

3:00 pm – 4:00 pm Discussion

 

出席者希望者は以下のアドレスまで事前にメールで申し込んでください。また、問い合わせも以下のアドレスまで。 If you wish to attend, please send a message to the address below.

神智学研究会運営委員会 theosophy.conference.2017@gmail.com

主催:神智学研究会、鈴木大拙研究会

後援:科研「神智学運動とその汎アジア的文化接触の比較文学的研究」基盤(B)26284054、科研「日米の新資料による日本仏教グローバル化過程の研究―鈴木大拙を事例として」基盤(C)17K02238、JNASE

 

 

Modernity and Esoteric Networks Conference and Workshop, 7~8,11 March 2017

An international conference and workshop on the theme of Modernity and Esoteric Networks will be held on 7-8 and 11 March 2017, in Osaka (for the conference) and Kyoto (for the workshop).

The conference will be held in Japanese and English (with simultaneous interpretation available for all presentations except for the keynote lecture). The workshop will be held only in English. Participation is free, but pre-registration is required. If you wish to attend these events, please contact us in advance at theosophy.conference.2017@gmail.com

For more details, please click here for the international conference Modernity and Esoteric Networks:Theosophy, Arts, Literature, and Politics and here for the workshop Modernity and Esoteric Networks: Work in Progress and Future Directions.

2017年3月7~8日と11日に、大阪と京都で『近代と秘教的ネットワーク』をテーマとした国際研究集会(民博)とワークショップ(京都大学)が開かれます。

国際研究集会は日本語、英語併用で行われる予定です(基調講演以外の発表には同時通訳あり)。ワークショップでの使用言語は英語のみとなります。

参加料金は無料ですが、事前登録が必要です。参加希望の方は、必ず事前に以下のアドレスまでご連絡ください。 theosophy.conference.2017@gmail.com

詳細については、『国際研究集会近代と秘教的ネットワーク:神智学、芸術、文学、政治』のページと『ラウンドテーブル近代と秘教ネットワーク:研究の今と未来』のページをご覧ください。

Round-table Workshop [March 11, Kyoto University]

Round-table Workshop

Modernity and Esoteric Networks: Work in Progress and Future Directions

Date & Time : March 11, 2017, 2:00 pm-5:00 pm

Venue: Seminar room 1, Institute for Research in Humanities (Jinbunken), Kyoto University

Language: English

This workshop is a follow-up to the conference held on March 7~8 in the National Museum of Ethnology (Minpaku), Osaka and planned as a meeting for sharing and discussing each participant’s work in progress in a more relaxed atmosphere. Marco Pasi will talk about the early period of the theosophical movement in Italy (1890s-1910s) and Joscelyn Godwin will introduce his project of translating the papers by the UR Group led by Julius Evola. Other topics will include Alexander Russell Webb and Buddhism, the esoteric and political connections of Mirra Richard in Japan, and the case of Hari Prasad Shastri who taught yoga and Zen in London. We welcome those who are interested to know more about leading-edge research on modern esotericism in the West and the East.

*If you wish to attend the conference, please contact us in advance at theosophy.conference.2017@gmail.com

ラウンドテーブル

近代と秘教ネットワーク:研究の今と未来

 日時:2017年3月11日 午後2時〜5時

場所:京都大学人文研セミナー室1

使用言語:英語

3月7、8日に民族学博物館(大阪千里)で開催されるカンファレンスに続くワークショップです。ラウンド・テーブル形式で、参加者の現在進行中の研究について議論する機会になります。マルコ・パシからはイタリアの初期神智学(1890年代から1910年代)についての研究、ジョスリン・ゴドウィンからはジュリウス・エヴォラが率いたウル・グループの著作の英訳作業についての報告をいただきます。近代日本宗教との関係では、アメリカ最初のイスラム伝道者アレクサンダー・ラッセル・ウェッブと反省会運動との接点、ミラ・リシャールと日本の秘教的、政治的なコネクション、ロンドンでヨガと禅を教えたハリ・プラサド・シャストリなどについてもとりあげられます。

主催:共同研究「日本宗教史像の再構築」、神智学研究会(科研基盤研究(B)、26284054)

*参加希望の方は、必ず事前に以下のアドレスまでご連絡ください。 theosophy.conference.2017@gmail.com

Helena Čapková [Theosophical Conference 2017, Osaka]

<Theosophical Conference 2017, Osaka>

第4セッション「大正時代の秘教」

4th session ESOTERICISM IN TAISHO (1912-1926)

日時:2017年3月8日午後1時45〜3時15

Time and date: March 8, 2017, 1:45 pm–3:15 pm

場所:国立民族学博物館第4セミナー室

Venue: Seminar Room 4, National Museum of Ethnology, Osaka

 

発表者:ヘレナ・チャプコヴァー

Presenter: Helena Čapková

題目:「ガラクタの集い:二つの世界大戦間の日本における、越境的な神智学ネットワークについて・再考」(日本語発表、通訳つき)

Title: The Garakuta Circle: Re-thinking Transnational Theosophical Networks in Interwar Japan (in Japanese / with an interpreter)

概要

我楽他宗(1919−1940)が創り出したのは、ローカル、グローバル両方の人材を集めた意見交換の場であり、ディスカッションの場であり、しかもそれは、ただ過去を棄却するだけではない、ダイナミックで、かつクリエイティブな場所であった。我楽他宗という名前は、「興味のあるものを追求するサークル」と言い換えられる。彼らは、モダンな日本文化に取り入れられていった、日常で目にするものを扱っていた。

我楽他宗を率いていたのは三田平凡寺という人物だ。奇抜な芸術家であり、なんと実際に寺を作って、平凡寺(=普通の寺)という名をつけていた。そこには数々のインテリたち、主に蒐集好き、新しもの好き、海外のものに情熱を傾ける人たちが集まったのだった。グループのメンバーは、職業も趣味も性別もバラバラで、中にはアメリカの人類学者フレデリック・スタール、インド人の陶芸家グルチャラン・シン、ポーランド人アーティストのツィナ&ステファン・ルビエンスキー、ジャーナリストの宮武外骨、1880年代、ロンドンの王立農業大学(Royal Agricultural College)に留学し、日本で近代的な農業を広めることに貢献した松平康荘、そしてチェコ人の建築家レーモンド夫妻などがいた。

グループが発行していた冊子や雑誌には議論が掲載され、それが活動の中心事項ともなっていた。主に宗教や哲学、セクシュアリティへの疑問をはじめとして、扱われるものも多岐に渡っていた。

この発表は、我楽他宗を二つの世界大戦間に日本で活躍していたアーティストの越境的ネットワークとして扱っている。また文化的、ビジュアル的に雑多な要素がいりまじったものの創造という、主にグラフィックデザインや印刷メディアで注目されてきた側面についても取り上げる。

Abstract :

The Garakutashū (1919-1940) created spaces for exchange and discussion bringing the local and the global in a dynamic and creative interaction that did not jettison the past. The name Garakutashū can be translated as ‘Circle for Studying Curios’ that is all the ordinary everyday things that were becoming a part of modern Japanese culture. The eccentric artist and leader Mita Heibonji, created an actual temple and took the name Heibonji or ‘temple of the ordinary’, as meeting place for intellectuals who had a passion for collecting, novelties and ideas from abroad.

The group was composed of people from diverse occupations, interests and gender, and included people such as the American anthropologist Frederick Starr, the Indian studio potter Gurcharan Singh, Polish artists Zina and Stefan Lubienski, journalist Miyatake Gaikotsu, Matsudaira Yasutaka, who had studied at the Royal Agricultural College in London the 1880s and was a promoter of modern agriculture science in Japan, as well as the Czech architects the Raymonds. The discussions described in the group’s pamphlets and magazines were at the core of its activity. These covered a wide range of topics, predominantly questions of religion, philosophy and sexuality.

The paper will examine Garakutashū as a transnational network of artists active in Japan in the interwar era and it will focus on its hybrid cultural and visual production that was predominantly realized in graphic design and printed media.

発表者プロフィール Profile

所属:早稲田大学国際教養学部

Academic affiliation: Assistant professor in the School of International Liberal Studies at Waseda University

研究分野:芸術史

Research field: Art history

Major publications:

Bedřich Feuerstein – A Czech Modern Architect on the Journey to Japan, June 2014.

Work in progress:

“The Dynaton” (essay in Enchanted Modernities: Theosophy, the Arts and the American West, publication in progress, spring 2017).

“Theosophy as a Transnational Network; The Commission of the Golconde Dormitory in Puducherry (1935–ca. 1948)” (essay in Theosophy across Boundaries, publication in progress, 2017)

「アントニン・レーモンドのインド−レーモンド、G. ナカシマ、F. サンマーによる国境を越えたネットワーク、プドゥチェリーのゴルコンデ宿舎の建築をめぐって」 (publication in progress, 2017)

Yoshio Sugimoto [Theosophical Conference 2017, Osaka]

<Theosophical Conference 2017, Osaka>

第3セッション 政治と秘教思想

3rd session POLITICS AND ESOTERICISM

日時:2017年3月8日10時〜12時45分

Date and time: March 8, 2017, 10:00 am – 12:45 pm

場所:国立民族学博物館第4セミナー室

Venue: Seminar Room 4, National Museum of Ethnology, Osaka

 

発表者:杉本良男

Presenter: Yoshio SUGIMOTO

題目:マハートマ・ガンディーと秘教(日本語、通訳つき)

Title: Mahatma Gandhi and Esotericism (in Japanese, with an interpreter)

概要

モーハンダース・「マハートマ」・ガンディー(1869-1948)は、没後70年近くなってもさまざまな謎が浮上し、はげしい論争の的になっている。ガンディーはサティヤーグラハあるいは非暴力運動の指導者として、またインド独立をもたらした政治的指導者として評価されているが、一方で、偉大な精神的指導者、社会改革者、近代社会、産業文明への批判者、インド文明の伝道者などの面をもち、さらに近年の社会・環境問題への先駆的批判者ともなっている。

本報告では、ガンディーにおける秘教、とりわけ神智学協会とキリスト教秘教ユニオンの影響について検討し、その現代的意義について述べる。ガンディーは、ロンドン留学の初期にマダム・ブラヴァツキーとアニー・ベサントに会い、また1890年代半ばまでメイトランドとも知的交流があり、一時ユニオンの南アフリカでの代理人も名乗っていた。ガンディー自身、教会とユニオンはほとんど違いはない、と後年述べているが、秘書であったピャレーラールの言によれば、その影響は生涯にわたって続いたという。

Abstract:

Mohandas ‘Mahatma’ Gandhi (1869-1948) remains an enigma, and has remained an ever-beckoning and an ever-elusive subject of study. He is widely known as the ‘great prophet of satyagraha and non-violence,’ and the architect of the Indian independence movement. Gandhi, however, was a great deal more than a non-violent activist and political leader. He was a great spiritual leader, social reformer, critic of modernity and industrial civilization, interpreter of Indian civilization, and before all things a forerunner of the many of the great social and ecological movements of our times.

In this paper, I examine the influence of Esotericism on Gandhi’s thought, particularly, of the Theosophical movement and Esoteric Christianity, during late 1880s to 1890s in his London and early South Africa periods. Gandhi met Madame Blavatsky and Annie Besant in November 1889 in London Lodge. He read The Key to Theosophy (1889), became an associate member of the Society. He later mentioned: “Theosophy is the teaching of Madame Blavatsky. It is Hinduism at its best. Theosophy is the Brotherhood of Man.”

He has also deeply influenced by The Perfect Way, or The Finding of Christ (1882). of Anna Kingsford and Edward Maitland. The authors joined the Theosophical Society, and Kingsford became the president of London Lodge, for a short period from 1883 to 1884. Interestingly, Gandhi told that “to me there is little difference between Theosophy and Esoteric Christianity.” He was launching himself as an agent of the Esoteric Christian Union, organized by Maitland, in South Africa in 1894. Pyarelal Nayar, Gandhi’s secretary, mentioned that Esoteric Christianity had a “specific and lasting influence” on Gandhi’s thought.

J.T.F. Jordens, in the title of book on Gandhi’s religion, compared the idea of Gandhi as “bulky homespun shawl.” This paper is an attempt to examine the “warmth” of Gandhi’s thought.

発表者プロフィール Profile

所属:国立民族学博物館名誉教授

Academic affiliation: Professor Emeritus at the National Museum of Ethnology

研究分野:社会人類学、南アジア研究

Research field: Social anthropology of South Asia

主要業績 Major publications ( in Japanese):

『インド映画への招待状』(2002)

『現代インド6環流する文化と宗教』(共編、2015)

『スリランカで運命論者になる』(2015)

「比較による真理の追求 : マックス・ミュラーとマダム・ブラヴァツキー」Searching for Truth through comparison : Max Müller and Madame Blavatsky、『国立民族学博物館調査報告』90, 173-226, 2010-03-31

「四海同胞から民族主義へ : アナガーリカ・ダルマパーラの流転の生涯」From Universal Brotherhood to Buddhist Nationalism : The Vicissitudes of the Ideology of Anagarika Dharmapala、『国立民族学博物館研究報告』36(3), 285-351, 2012

「闇戦争と隠秘主義 : マダム・ブラヴァツキーと不可視の聖地チベット」The Great Game and Occultism : A Genealogical Anthropological Study、(特集 マダム・ブラヴァツキーのチベット) 『国立民族学博物館研究報告』40(2), 267-309, 2015

現在の研究

現在は、南インド社会の構造変動、キリスト教とナショナリズム、ポピュラー・カルチャーとナショナリズム、などについて調査研究を行っている。

Work in progress:

Christianity and popular cultures in the context of nationalism in India

Madoka Hori [Theosophical Conference 2017, Osaka]

<Theosophical Conference 2017, Osaka>

第3セッション 政治と秘教思想

3rd session POLITICS AND ESOTERICISM

日時:2017年3月8日10時〜12時45

Date and time: March 8, 2017, 10:00 am – 12:45 pm

場所:国立民族学博物館第4セミナー室

Venue: Seminar Room 4, National Museum of Ethnology, Osaka

 

発表者:堀まどか

Presenter: Madoka HORI

題目:境界者の文芸と民族独立の運動———サロジニ・ナイドゥを起点として(日本語発表、通訳つき)

Title: Literature of the Outlanders and the Drive for National Independence: Sarojini Naidu and Others(in Japanese, with an interpreter)

概要

20世紀転換期の秘教や神智学思想など神秘思想のブームの勃興の潮流は、民族主義や民族独立運動に作用し、それは、モダニスト詩人たちのファシズムへの関与や社会主義活動につながっていく。しかしなぜ、国際的に活躍した詩人たちの秘教や神智学への傾倒が、あまり重要視されてこなかったのだろうか。本発表は、秘教や神智学に心酔したイギリスの象徴主義者たちから評価されたインドの女性詩人サロジニ・ナイドゥから話を始める。ガンディーと共に民族独立運動に尽力していくサロジニ、ハイデラバードで詩人として活躍した彼女の末弟ハリエンドラナト、ベルリンで急進的運動家としてベルリンに亡命して革命のチャンスを狙った長弟ヴィレンドラナト、そして彼のアメリカ人の恋人アグネス・スメドレーを検討する。国家間を自在に生きた越境者達の思想と行動と、国家や主義思想を越えて展開された彼等の理想と愛の遍歴について、考察する。

Abstract:

It was the richness of Theosophical thought and esotericism which led to the rise of nationalism and to the drive for national independence in the transitional period into the 20th century. It might be suggested that it was that philosophical tide among the international writers and poets which had hooked itself not only into the nationalism of the singular mono-country but also into the various lines of fascism and socialism. A certain contagious association among people was obvious and unquestionable, but why have their relations to Theosophy been ignored by researchers? What was the difficulty in the establishment? Why could one not emphasize their trends and admiration toward Theosophical thought? The starting point of my presentation will be poets writing in English: Sarojini Naidu— and then her brothers and sisters, including Harindranath in Hyderabad, Virendranath(Chatto) in Berlin, and Chatto’s American lovers Agnes Smedley. I wish to inquire into the consciousness, the procedure, and the various loves of outlander and transnational writers, whose thoughts were in turn understandable or comprehensible beyond the one-nation, beyond the mono-doctrine or mono-propaganda.

発表者プロフィール Profile

所属:大阪市立大学大学院文学研究科アジア都市文学

Academic affiliation: Graduate School of Literature and Human Sciences, Osaka City University; Asian Culture and Urbanism

研究分野:国際日本研究、日本近代文学研究、文芸文化交流史

Research field: Japanese Studies, Modern Japanese Literature, History of Literature and Cultural-interaction

主な業績 Major publications (in Japanese)

『「二重国籍」詩人 野口米次郎』Yone Noguchi: A Writer of Dual Nationality, 名古屋大学出版会、2012年2月、592頁

「野口米次郎の〈セルフ・トランスレーション〉」『バイリンガルな日本語文学――多言語多文化のあいだ』(郭南燕編)三元社、2013年6月、336-354頁

Major publications: (in English)

‘‘Yone Noguchi and India:Towards a Reappraisal of the International Conflict Between R.Tagore and Y.Noguchi’’ , Changing Perceptions of Japan in South Asia in the New Asian Era:The State of Japanese Studies in India and Other SAARC Countries, (Mar.2011).

現在の研究

人間、文化、文学潮流の相互作用に関心があります。研究のキーワードは、象徴主義/神秘主義/民族運動、翻訳/越境/境界者の文学、東西詩学の融合と発展です。とくに最近は、戦争文学や戦後文学に関心を持っています。

Work in progress:

What I pursue through my study is the ‘interaction’ between people, cultures, and literary movements. Current interests are in symbolism / mysticism / nationalism, trans-creation / trans-boundary / trans-national literature of out-landers, the fusion and development of East-West Poetics, War-literature / post-war literature.