Workshop: A Historical Reexamination of the Discourse on NRMs

「新宗教をめぐる言説の歴史的再検討」

(科研基盤(B)「日本新宗教史像の再構築」2019年度第1回研究会@東京)

日時:2019年5月11日(土)14:00~17:30

場所:国学院大学渋谷キャンパスAMC棟5F会議室06

報告者と題目

永岡崇(駒澤大学)「「民衆宗教」再考」/ NAGAOKA Takashi (Komazawa University) “Reexamining the Concept of  ‘Popular Religion'”

ジョリオン・トーマス(ペンシルベニア大学)「占領と「新宗教」」 / Jolyon THOMAS (University of Pennsylvania) “The Occupation and ‘New Religions'”

星野靖二(国学院大学)「新仏教と新宗教――明治期における展開」/ HOSHINO Seiji (Kokugakuin University) “New Buddhism and New Religions: Developments in the Meiji period”

コメンテーター: 栗田英彦(南山大学)/ Commentator: KURITA Hidehiko (Nanzan University)

当日進行案

14:00 14:15 本科研の趣旨説明(栗田英彦)

14:15 14:45 星野靖二「新仏教と新宗教――明治期における展開」

14:50 15:20 ジョリオン・トーマス「占領と「新宗教」」

15:20 15:40 休憩

15:40 16:10 永岡崇「「民衆宗教」再考」

16:10 16:20 コメント(栗田英彦)

16:20 17:20 討議

17:20 17:30 まとめ(永岡崇)

CFP: Special issue of Japanese Religions, “Japan and the Global Occult”

Modern Japanese history is roughly concurrent with the history of modern occultism, which formed out of transnational interactions among Europe, America, and Asia beginning in the late nineteenth century. Indeed, it has become a common refrain in scholarly studies of occultism that this “orientation towards hidden aspects of reality … held to be commonly inaccessible to ordinary senses” has been “an integral part of modernity” (Bogdan & Djurdjevic, Occultism in Global Perspective, 2013, 1–2).

In the last decade, scholarly research has increasingly highlighted the significance of this global occult for the rapid changes undergone by the Japanese religious landscape and also transnational occultists’ fascination with Japanese and Japan-inspired religious ideas and practices. In Japan, as elsewhere, “old” and “new” religious groups, psychotherapeutic methods, nationalist and liberalist political ideologies, eco-friendly movements, modern art, popular culture, and even the scholarly study of religion itself are only a few examples of the domains that have been partially (if only discursively) influenced by a constant mix and match of occult worldviews, philosophies, and techniques.

This special issue of Japanese Religions invites submissions on the interactions between Japanese religions and occultism (broadly conceived). This may include the adaptation of aspects of the global occult for Japanese settings, the uptake of Japanese practices or symbols by transnational occultists, or other ways that Japanese religious figures and organizations have interacted with occultism.

Topics may include (but are not limited to): Anthroposophy, Buddhism, divination, health practices, hypnotism, magic, New Age, new religions, parapsychology, secret societies, Shinto, Shugendō, spiritualism, Theosophy, and yoga.

Abstracts of up to 200 words are due 7 May 2019. Authors whose abstracts have been accepted will be informed by 15 May and will be invited to submit their full 6000-8000 word articles by September 30 for review by the editors and at least one blind reviewer.

We also welcome anyone interested in writing a book review, particularly of recent Japanese-language publications, or publishing a translation of a relevant Japanese article or chapter.

Please address any questions or submissions to the co-editors:

Ioannis Gaitanidis (ioannis.gaitanidis@gmail.com)

Justin B. Stein (steinjustin@gmail.com)

Workshop: Marginal Religious Magazines: Between religion and religion-by-default

ワークショップ「余白の宗教雑誌:宗教と宗教ならざるものの間」

日時:1月26日(土) 午後1時~5時半

場所:京都大学人文研本館3Fセミナー室3

第1セッション 「戦前の事例:宗門と宗門ならざるもの」 1時~3時

武井謙悟(駒澤大学大学院)「近代禅雑誌の変遷と居士の多様化」

大澤絢子(龍谷大学世界仏教文化研究センター)「量産される「私の親鸞」―大正期親鸞ブームとメディア―」

赤江達也(関西学院大学)「無教会と個人雑誌の複層――塚本虎二『聖書知識』とその周辺」

コメント:永岡崇(大阪大学) 司会:碧海寿広(龍谷大学アジア仏教文化研究センター)

第2セッション「戦後の事例:宗教と宗教ならざるもの」3時半~4時半

大道晴香(国学院大学)「〈秘境〉の時代―「オカルトブーム」前夜としての60年代―」

司会:平野直子(早稲田大学)

番外セッション「限界宗教雑誌バトル:書棚のすきまから」4時半~5時半

コメント:神保町のオタ × 岩本道人 司会:ヤニス・ガイタニディス(千葉大学)

※誰も知らないような宗教雑誌、あるいは宗教雑誌のようなものなど遠慮なくご持参ください。このセッションでみなさんに紹介したいと思います。ただ、バトル出品希望者は、事前の連絡を忘れずにお願いいたします。

参加希望者、番外セッションの出品希望者はjnase2016 @ gmail.comまで予めご連絡ください。

主催:科研「日本新宗教史像の再構築:アーカイブと研究者ネットワーク整備による基盤形成」(科研番号18H00614)、科研「雑誌メディアによる戦後日本の秘教運動の宗教史的研究」(科研番号17K02244)

Symposium: 1968 and Religion

科研「日本新宗教史像の再構築」公開シンポジウム

「1968年と宗教――全共闘以後の「革命」のゆくえ」

日時:12月15日(土)13:00~17:30

場所:京都大学人文科学研究所 大会議室

13:00-13:15    趣旨説明・登壇者紹介

13:15-13:45    川村邦光(民衆文化研究)「高橋和巳と1968年前後――未成へ向かう臨死者の眼」

13:45-14:15 鎌倉祥太郎(思想史・日本現代史)「1968年の身体――津村喬における気功・太極拳」

14:15-14:45 村山由美(宗教研究者)「田川建三における大学闘争と宗教批判――観念と現実のはざま」

14:45-15:00 休憩

15:00-15:30 武田崇元(八幡書店店主)「神々の爆発――1968年と<民衆宗教>観の変遷」

15:30-16:00 絓秀実(文芸評論家)「柳田国男と戦後民主主義の神学――1968年の視点からの照射」

16:00-16:15  コメント「“近代主義を超えて”を超えて――宗教研究と1968年」(栗田)

16:15-17:30 登壇者リプライ&全体討論

司会:栗田英彦(宗教史・思想史)

*出席を希望される方は、以下のメールアドレスまで事前にご連絡ください。bodyandpolitics@gmail.com (栗田)

主催:科研「日本新宗教史像の再構築:アーカイブと研究者ネットワーク整備による基盤形成」(科研番号18H00614)後援:科研「雑誌メディアによる戦後日本の秘教運動の宗教史的研究」(研究番号17K02244)

2nd meeting of the research group “Reconstructing the Image of NRMs’ History

科研「日本新宗教史像の再構築」公開講演会
「鎮魂帰神法と大本教、再考:新発見の資料に基づいて」

日時:2018年8月26日(日)午後2時から4時
場所:清水テルサ(静岡市清水区) 小会議室1

発表
並木英子(ICU)
「御穂教会資料にみる本田霊学と行法の系譜」
石原和(国立民博)
「月見里神社史料に見る長澤雄楯と稲荷講社」

※発表はそれぞれ30分、質疑応答あり。

席の数が限られていますので、出席を希望される方は、以下のメールアドレスまで事前に必ずご連絡ください。人数が定員に達した場合、お断りさせていただく場合もあります。
吉永yosinaga[at] maizuru-ct.ac.jp
( [at] は@に変えてからメールしてください)

1st meeting of the research group “Reconstructing the Image of NRMs’ History”

新宗教史像を再構築する

第1回公開研究会

日時:2018年7月21日(土)午後1時〜午後3時

場所: 京都大学人文研本館1Fセミナー室2

「鎮魂帰神法と大本教、再考」

並木英子(ICU)「御穂教会資料にみる本田霊学と行法の系譜」

石原和(国立民博)「月見里神社史料に見る長澤雄楯と稲荷講社」

※発表はそれぞれ30分、質疑応答あり。

主催:科研「日本新宗教史像の再構築:アーカイブと研究者ネットワーク整備による基盤形成 」(研究番号18H00614)、科研「雑誌メディアによる戦後日本の秘教運動の宗教史的研究 ―『日本神学』の変遷を追って」(研究番号17K02244)

出席を希望される方は、事前に栗田英彦bodyandpolitics [at] gmail.com までご 連絡ください(なお [at] は@に変えてからメールしてください)。

3rd JNASE workshop

日本秘教研究ネットワーク(JNASE)第3回ワークショップ

戦後オカルト再考

政治的背景をさぐる

JNASE 3rd Workshop:

Rethinking the Occult in Postwar Japan: An Exploration of the Political Context

[event held in Japanese]

日時       2018年5月26日(土) 14:00―17:00

Date:       26 May 2018 (Sat.) 14.00-17.00

場所       千葉大学(西千葉キャンパス)国際教育センター1F大講義室

Venue:    Chiba University (Nishi-Chiba Campus), Center for International Education, Large Lecture Room (1F)

 

タイムテーブル/ Timetable

14:00―14:05

趣旨説明 栗田英彦(南山大学)

Introductory Remarks, Hidehiko Kurita (Nanzan University)

14:05―14:30

大道晴香(國學院大學)戦後社会と〈東北〉――1960年代の〈イタコ〉表象をめぐって

“Tōhoku” in Postwar Japan: Representations of the “Itako” in the 1960s, Haruka Ōmichi (Kokugakuin University)

14:30―14:55

栗田英彦(南山大学)新左翼運動からオカルト思想へ――太田龍の「革命」と「宗教」

From the New Left to the Occult: Ryū Ōta’s ideas of “Revolution” and “Religion”, Kurita Hidehiko (Nanzan University)

(休憩5分)Break (5min)

15:00―15:25

橋迫瑞穂(立教大学)「オカルト雑誌」の女性たち――80年代「ムー」を中心に

Women in Occult Magazines: The Magazine Mū in the 1980s, Mizuho Hashisako (Rikkyo University)

15:25―15:50

ヤニス・ガイタニディス(千葉大学)鳩山由紀夫の「友愛」思想――政治家のオカルト言論について

The “Fraternity” Ideology of Yukio Hatoyama: Occult Discourse in Politics, Ioannis Gaitanidis (Chiba University)

(休憩10分) Break (10min)

16:00―16:15

コメント 粟津賢太(上智大学)

Comments, Kenta Awazu (Sophia University)

16:15―17:00

全体討議

Discussion

司会 栗田英彦(南山大学)

Chair, Kurita Hidehiko (Nanzan University)

 

*参加希望の方は、ヤニス・ガイタニディス( gaitanidis@chiba-u.jp )まで事前連絡をお願いします。

主催:日本秘教研究ネットワーク Japanese Network for Academic Study of Esotericism

後援:科研「雑誌メディアによる戦後日本の秘教運動の宗教史的研究―『日本神学』の変遷を追って」(研究番号17K02244)